読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おばあちゃんとSexy Zone

 

 

明けましておめでとうございます✧

 

細く長くひっそりブログを書く系です華です。

 

今年もよろしくお願いします♡

 

 

 

今回は、冬休みに実家に帰って、おばあちゃんに会ったときに嬉しかったことについての日記です。

 

大丈夫、暗くはないです!(笑)

 

 

 

 

わたしは恵まれていることに父方も母方もおじいちゃんおばあちゃんが2人とも元気で、一緒に住んでいたり、わりと近くに住んでいたりするので、キョリが近く仲良しで、健人くんやSexy Zoneの話もよくしています。

 

 

わたしは、大学進学で上京して、会える回数は減ってしまったけれど、帰省するたびに、大好きなおじいちゃんおばあちゃんに必ず会いに行くし、ときどき電話したりします。

 

 

 

母方のおじいちゃんなんかは、わたしがコンサートとかに行ったのを報告するたびに

 

「また行ったんか!そりゃあもう覚えとるわ」

 

と、わりと本気で言ってくるおじいちゃんです。(笑)

 

 

そんなおじいちゃんが、去年の夏に入院することになって、おばあちゃんは1人で生活するのがむずかしくて施設に入ったのですが、そこで骨折してしまって2人とも入院する、ということがありました。

 

 

おじいちゃんが手術を終えて退院した今も、おばあちゃんは施設で生活をしていて、リハビリを頑張っています。

 

(亭主関白だったらしいおじいちゃんが毎日おばあちゃんに会いに行ってて、誕生日にはお手紙を書いたっていう可愛いお話はまた今度しますね…♡(笑) )

 

 

 

 

 

 

この冬も、先日、おばあちゃんのいる施設に会いに行きました。

 

 

  

 

おばあちゃんに会うのは4ヶ月ぶりで、お母さんに

 

「もしかしたら、華ちゃんのことわからんかもしれんけど、大丈夫?」

 

と言われて、ほんの一瞬、迷いました。

 

想像したらつらくて、泣いちゃうかもしれないなあと思ったからです。

 

でも会いたかったので、行きました。

 

 

 

 

 

 

 

お昼過ぎに施設に行くと、おばあちゃんは職員さんに車椅子を押してもらいながらお部屋に帰るところで、近寄って、

 

 

「おばあちゃん、」と声をかけると

 

 

わたしを見上げて、ぱあって笑顔になって

 

 

「はなちゃん、!」と言ってくれました。

 

 

 

 

そのあと、いろいろおしゃべりして、突然ぶっ飛んだことを言うこともあったけれど(笑)、元気で、とっても嬉しくて楽しかったです。

 

 

 

 

 そして、帰る前に、職員さんも交えてお話していたら、娘さんがジャニーズ好きだという職員さんが

 

「あ、だからセクゾなんですね!」 と。

 

お母さんもわたしも、???ってなってたら、職員さんがお話してくださって

 

 

 

 

 

施設の食堂のテレビは、ほとんどずっとNHKの番組が流れてるから、シブ5時も毎日見てて。Sexy Zoneが出るたびに、おばあちゃんが反応してたらしくて。

 

 

紅白も、ちょうどSexy Zoneが出たときに見てたらしくて、

 

「テレビから\Sexy Zoneでーす!/って聞こえた瞬間、顔を上げてテレビ見てるんですよ」

 

って。

 

おばあちゃん、歩いたりするのはゆっくりなんだけど、耳がすごく良いから、聞こえたんだろうなあ

 

 

 

 

職員さんは最後に、

 

「お孫さんが好きだから、セクゾを見るたびに思い出してたんでしょうね」

 

と言ってくださって。

 

 

 

 

Sexy Zoneが頑張って、シブ5時に出るようになって、おばあちゃんがSexy Zoneを目にする機会も増えて、そのたびにおばあちゃんはわたしを思い出してくれたんだなあ。

 

 

大げさかもしれないけれど、遠く離れてしまっても、おばあちゃんとわたしを、Sexy Zoneが繋いでくれてるのかなあ、なんて。

 

 

 

 

ありがとう、せくぞちゃん。

 

みんなの頑張りはいろんなかたちで、たくさんのひとを助けてるよ!

 

と、全力で伝えたくなったのでした。